Hostdonの1周年とこれから

Jun 24, 2018  

どうも

Nafです。
Mastodonのホスティングサービスである「Hostdon」が1周年を迎えました。 (ドメインのワイルドカード証明書の失効メールで気付いた。) 始めたころはこんなにも長く続かないだろうと思っていましたが、なんとか1年を迎えることができました。

1年を振りかえって

Hostdonは、ホープムーンさんが運営しているムトーに触発され、作ったものでした。
初期は完全無料で特に制限なしで運用していました。
しかしながら、興味本位で作られたインスタンスが多く、放置されたインスタンスが多数ありました…。

増えていくサーバ、膨らみ続ける運営費… これらの問題を打開しなければと思ったのは8月頃でした。
7月に電気通信事業者の届出をおこない、そろそろ有料に…と思っていたのですが、一番の悩みの種は「どういう価格設定にするか」というものでした。
他のMastodonホスティングサービスではユーザー数、画像ストレージの容量制限による価格設定が定番でしたが、私自身ユーザー数の制限の具体的な実装方法(その頃は/api/v1/instanceが無かった)について考えるのが面倒、画像の容量なんてS3,GCSを使えば大したことないだろうと思っていたため、「Sidekiqのスレッド数」による価格設定を考えました。
この価格設定は正解なのか分りませんが、これまでに沢山の方から契約を頂いており、戦略として当っていたのかな、と思う次第です。

そうした感じでゆるーく運営をしていたのですが、さすがにお金の問題がヤバくなってきました。確か12月ごろです。
この頃はHostdonの面倒を見てくれる企業(N,G,S,P社など)を探して連絡を取っていました。(忙しい時間を割いて話を聞いてくださった企業さんには頭が上りません。)
流石にこんな得体の知れないサービスの支援なんてしてくれないだろうなぁ…と半ば投げ槍になりながら交渉をしていたのですが、さくらインターネット株式会社さんはメールで問い合せた所、すぐに担当の部署の方に繋いで頂き、翌日には東京支社で詳しく話を聞きたいというメールまで頂きました。
後期の考査の最終日に東京支社に行き、具体的な支援策を詰め、最後には社内の見学までもさせてくれました。(実験用サーバの部屋が凄かった)
その後2、3週間で手続きが完了し、晴れてさくらさんの支援の下でサーバ移行、増強を行うことができました。
重ねて、さくらインターネットさん、及びに相談に乗ってくださった企業の皆様には大変お世話になりました。

これから

さて、1周年ということで現在いろいろな事を進めています。
システムの改修や、プラン改訂、コントロールパネルのリニューアル、Mastodon以外のActivityPub対応SNSホスティングの計画等…
特にコントロールパネルはVue.jsを使ってリニューアル中です。
7月ごろにまとめてお知らせしたいなぁと考えていますが、私もリアルで忙しくなってきているのでどうなるか…というのが現状です。
ともあれ、1年という節目を迎え、これからも頑張って行きたいなと考えています。
駄文ですが、読んで頂き、ありがとうごさいました。

おまけ

http://amzn.asia/ePPNP70

このエントリーをはてなブックマークに追加