Hostdonを始めて約6ヵ月経ちました

Dec 8, 2017  

Hostdonを始めて約6ヵ月経ちました

これはMastodon Advent Calendorの8日目の記事です

今回のアドベントカレンダーの内容は「GCPに最強のインスタンスを建てる」と「Hostdon」のどっちにしようか、かなり悩んだのですが、Hostdonについて書こうと思います。

Hostdonってなに?

Hostdonは端的に説明すると、「Mastodonのホスティングサービス」です。 他に株式会社ホープムーンさんのムトーMasto.hostがあります。

改めまして、Hostdonは

  1. 速くて(迅速なアップデート)
  2. 安くて(324円/月から)
  3. オープンソース

を基本理念とした、Mastodonホスティングサービスです。

(今は登録停止中です)

なぜ作ったの?

ITmediaさんの記事にもあるとおり、当時あった「Mastodon会議」なるもので「マストドンは構築が難しくてなかなか始められない」というようなことを聞いたことがあり、手軽にマストドンインスタンスを構築するサービスがあったら良いなぁと思い、作りました。

またそのころムトーさんやMasto.hostもホスティングサービスを始めていて、当時の私は「ホスティングサービスも分散させるべきだ」と考え、このサービスを始めました。

初期は無料だったのですが、やはりお金が厳しく、有料化しました。

歴史

6月13日 ベータ版としてサービス開始。

6月14日 応募が100人こえてビックリする。

7月頃 請求額に驚く。このころからPassengerに切り替えていった。

8月頃 夏休み期間に決済システムやコントロールパネルを作った。あと電気通信事業者にも登録した。

9月頃 正式サービス開始!

12月頃 断続的に登録を停止中。(負荷のため)

技術的なこと

構成図(サーバー台数とかは適当)

Hostdonで動いてるインスタンスはほぼバニラのままです。

改造部分は「投稿画面下のお知らせ欄(iframe式)」ぐらいです。

また、RailsのサーバーにはPumaではなく、「Passenger(Enterprise)」を使用しています。

これにより、大幅にRAMの使用量を抑えることが可能になりました。

OSS版でも一定の効果が得ることができると思われます。導入の参考にどうぞ PhusionPassengerでMastodonを動かす

1つのサーバーで複数のインスタンスを動かす際、.env.productionのredisのNamespace設定をしないとTLが混線し、カオスになります。気を付けましょう。 参考: 1つのサーバーで2つのmastodonインスタンスを動かそうとした話とredis周りのバグっぽいなにか

まとめ

わたしは高校生なのですが、4月から、なんとか調べながらインスタンスを建てたり、管理したりすることができるようになってきました。

これからは色々大変な予感がしますが、ちょっとずつReactなどの言語に触れられていけたらなぁと考えています。

内容が薄い気がしますが、読んでくださりありがとうございました。

追記

今日誕生日です。 Amazon

今日はガジェオフに参加します。名刺やステッカーが欲しい方はどうぞお声がけください。